成長期に必要な栄養がしっかり摂れることで有名なアスミール。

そんなアスミールのアルギニンの含有量はどのくらいか調べてみました。

アスミールのアルギニンの含有量は少ない?

アスミールのアルギニン含有量
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すと言われている成分です。

調べてみたところ、アスミールのアルギニンの含有量は1ヶ月分に1.8mgです。

この1.8mgというのは正直なところ含有量としては少し少ないです。

しかし、アルギニンはあまり多く摂り過ぎてもよくないと言われているんです。

 

アルギニンは多く摂り過ぎるのはよくない

アルギニンは過剰に摂取すると、副作用が現れると言われています。

もちろん、過剰に摂取しなければ安全ですが、心配になるママやパパも多いようです。

その点、アスミールの場合は、含有量は少ないですが、逆に言うとアルギニンによる副作用の心配は一切ないということが言えます。

アスミールはアルギニン重視であればおすすめできない

アスミールはアルギニン重視であればおすすめできない

アルギニンの含有量から見ると、アルギニン重視であればアスミールはお勧めできません。

しかし、成長サプリに大事なのは、アルギニンで成長ホルモンを分泌させることでは有りません。

成長サプリで一番大事なのは、成長期にどれだけバランスよく栄養が摂れるかという一点です。

成長ホルモンの正しい分泌は、質の良い睡眠によって促されます。

「サプリでバランスの良い栄養を摂る」+「質の高い睡眠によって正しく成長ホルモンを分泌させる」

これが身長を伸ばすのに繋がっているんです。

それを裏付けるように、医師も下のようなコメントをされています。

成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのが睡眠時になるため、質のよい睡眠をとることが子どもの成長には不可欠となります。

アルギニンは成長に直接作用するというよりも、サポート的な成分として考えておいた方が良さそうです。

POINT

・アルギニンは身長の伸びにそこまで重要ではない
・もっとも重要なのは、バランスの良い栄養と睡眠

アスミールのデメリットについて知りたい人は次の記事をご覧ください。
→アスミールの効果が怪しい!全口コミから分かったデメリットとは!?