子供の成長をサポートしてくれると話題の身長サプリ、アスミール。

そんなアスミールですが、ジュニアプロテインを併用した方が良いのはご存知でしょうか?

ここではその理由を詳しく解説していきます。

アスミールにジュニアプロテインを併用すべき理由

アスミールにジュニアプロテインを併用すべき理由は次の3つです。

ジュニアプロテインを併用すべき理由①アスミールはタンパク質が少ない

アスミールにはタンパク質が一杯(6g)あたり、0.29gの量が入っています。

正直なところ、このタンパク質の量は少ないです。

しかし、アスミールのタンパク質以外の栄養素はパーフェクトと言ってもいいほどです。

つまり、アスミール+ジュニアプロテインでタンパク質を補うことができたら、最強の栄養補助食品が完成するというわけです。

 

ジュニアプロテインを併用すべき理由②身長を伸ばすにはタンパク質が必要

タンパク質というのは、身長を伸ばすのに必要な栄養素の一つです。

次の医師の見解をご覧ください。

額田先生「実はカルシウムには背を伸ばす作用はありません。背を伸ばす上で重要なのは、たんぱく質なんです。」
額田医師によれば、わかりやすくいうと「背が伸びる=骨が伸びる」ということである。骨の末端部分に「骨端線」といわれるものがある。この部分は軟骨細胞が集まってできたもので成長ホルモンなどの働きかけによって増殖し、層のように積み重なって骨は伸びるのである。軟骨細胞の原料となるのが肉、魚、卵、チーズなどに含まれるたんぱく質。一方、カルシウムはたんぱく質からできた軟骨の層を石灰化し硬くするためのものだった。つまり、牛乳はカルシウムなどの栄養が豊富で骨にとって必要なものであるが、たんぱく質の面から見ると大量に飲んでも思ったほど摂取量は伸びず、逆に腹が膨れて他のものを食べられなくなることがある。

簡単に言うと、

「背が伸びるには軟骨細胞の成長が必要で、その軟骨細胞はタンパク質が必要ということ」

です。

カルシウムも当然必要ですが、同じくらいタンパク質が必要ということですね。

医師の次のようなコメントもあります。

小学生の場合、牛乳は1日500ml程度飲み、たんぱく質は他の食品を摂ると良い。

 

アスミールでカルシウムはバッチリ補給できるため、タンパク質をジュニアプロテインで補給することができれば、身長が伸びるための土台はできたも同然です。

 

アスミールとの併用におすすめのジュニアプロテイン

アスミールとの併用におすすめのジュニアプロテインは「ザバスのプロテイン」です。

ザバスはアスリートも使用し、日本でもっとも有名なプロテインですが、ジュニア用も販売しています。

良質なタンパク質を適度な量で配合されているため、とてもおすすめなジュニアプロテインになっています。

アスミールとジュニアプロテインを併用すべき理由まとめ

「アスミールとジュニアプロテインを併用することで、アスミールの栄養にプロテインのタンパク質が加わり、身長を伸ばすための栄養を完全にサポートすることができる」

というのが、アスミールとジュニアプロテインを併用した方が良い理由でした。

 

ただし、ジュニアプロテインを利用すると、費用がかさむという場合は、食事でタンパク質を補うのも良いでしょう。

豆腐や豆、納豆、卵や肉、魚を多めに食事に取り入れることで、自然にタンパク質を摂取することもできます。

 

これに加えて睡眠や運動をしっかりと行うことで、身長が伸びやすい環境を作ることができるので、チャレンジしてみてください。

アスミールの口コミを詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください。
→アスミールの効果が怪しい!全口コミから分かったデメリットとは!?