アスミールの成分表を徹底解析

身長を伸ばすサポートをしてくれる栄養素が豊富と話題のアスミール。

そんなアスミールの成分表を徹底解析しました。

安全性についても、詳しく解説していきます。

アスミールの成分表を解析!

アスミールの全成分を確認してみましょう。

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干しパウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、 ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

これが全成分ですが、この中で注目の栄養素をまず見ていきましょう。

注目の栄養素

亜鉛

成長ホルモンのもとである、タンパク質の合成を助ける、成長期にはなくてはならない成分です。
特に、お菓子を良く食べる子供は亜鉛がすぐに出て行ってしまうので、不足しがちな傾向にあります。

アルギニン

健康な体づくり、スポーツなどの運動を楽しむ子供にも活力を生み出してくれる成分です。

アルギニンの含有量については次の記事で詳しくまとめています。
→【少な過ぎ?】アスミールのアルギニン含有量はどのくらい?

プラセンタ

プラセンタはメロンの胎座を使っています。
アミノ酸やミネラルを多く含み、体の土台を作るのに一役買っている成分です。

カルシウム

単純なカルシウムではなく、3つの異なるカルシウムを配合しています。

・ごまミネラルカルシウム
・魚骨焼成カルシウム
・ドロマイトカルシウム

これらが相互に作用するとカルシウムの吸収力を最大限に高めることができます。

成長におけるカルシウムの重要性は学会でも認められています。

カルシウム、鉄、ビタミンDを含んだサプリメント
これらの栄養要素の不足により、もし成長が阻害されている場合には、栄養要素を補充することにより成長が正常化する可能性はあります。

カゼインホスホペプチド

このカゼインホスホペプチドという成分がいると、通常よりも効率よくカルシウムを吸収することができます。

ビタミンD

カルシウムの吸収を助けてくれる成分である、ビタミンDも豊富に含まれています。

DHA

魚介類に多く含まれる成分で、魚嫌いの子供にぴったりな栄養素です。
成長に必要なサポートをする成分とされており、一説では記憶力が良くなるということも言われています。

このように、体の成長に不可欠な栄養素が「厚生労働省の推奨摂取量」以上を取れるようになっているのがアスミールです。

アスミールの安全性は大丈夫?

アスミールの安全性は大丈夫なのかも徹底調査しました。

配合成分は安全?

全成分を確認しても、危険なものは入っておらず、極めて安全性が高いです。
もちろんすべて放射能検査もしているので、その辺についても問題ありません。

添加物にも配慮

アスミールは添加物にも配慮されています。

具体的には、合成保存料・合成着色料・合成甘味料はすべて不使用です。

安全性はかなり高いことが見受けられます。

アレルギーだけ注意

安全性は高いですが、アレルギーにだけは注意しなければなりません。

全成分を見てわかるとおり、原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含んでいます。
ですので、アレルギーに心当たりのある方は購入は控えるようにしてください。

それ以外の方は極めて安全に飲める飲料型サプリメントです。

さらに安全性について気になる人は次の記事をご覧ください。
→アスミールの副作用は危険!?【必ず注意すべきこととは?】

 

>>【初回500円】アスミールの公式サイトで詳しくみる

アスミールの口コミを詳しく見たい人はこちらの記事をご覧ください。
→アスミールの効果が怪しい!全口コミから分かったデメリットとは!?